あみぐるみ入門編におすすめの本

こんにちは。まだまだ暑い日が続きますね。

朝と夜は結構涼しくなってきましたが、気温の変化で体調壊さないように

気を付けたいところです。

 

さて、今回は私があみぐるみを初めた時に教科書として使用した本の

紹介をさせていただきますね。

 

 

かぎ針を持ったこともなく、編み物自体初めてだった私ですが

こちらの本は編み方が写真付きでとても分かりやすく書かれていました。

 

あみぐるみの編み方、糸始末の仕方。パーツの組み立て方。

基本でもあり、とても簡単な「ひよこ」から始まり、少しずつ複雑なあみぐるみを

編んでいくという工程もありがたかったです。

 

自分で少しずつレベルアップして行けているというのがきちんと感じられたので

あみぐるみ作りが楽しくなりました。

もっといろんなものが編みたい!

編み図ってこんな風に見て、こんな風に書くんだなあ。

自分でオリジナルのあみぐるみを作ってみて、編み図も作りたい!

と、今の私の原点にもなった本です。

 

これからあみぐるみを始める!という方にはぜひお勧めします♪

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。